VRギャラリー 『小箱』 作品紹介

極彩色画家 せきぐち彩



作品紹介

『らしく、らしく、よりらしくありつづけるために』





1983年11月23日生まれ

千葉県出身

多摩美術大学油画科卒業



紅型の色彩に感化され、動物、生き物をメインにポップでばからふるに可愛く描いています。

独自の極彩色は、沖縄の太陽に負けない色から生まれたものです。





『らしく、らしく、よりらしくありつづけるために』

極彩色画家せきぐち彩 作


 


2020年 


サイズ:F10号 縦53㎝×横45.5㎝


ペン/墨汁/蛍光アクリル絵の具/水彩絵の具/水彩色鉛筆/ラメ/スパンコール



時が 満ちた。


今 とびたとう。旅立とう。


むねには しっかと かぎをもち


我がつばさを おもいきり はためかせて


まいあがろう。



光のまぶしいほうへ。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示