スクリーンショット-2021-09-30-21.18.24.png

沖縄VRアートギャラリー


沖縄VRアートギャラリー

沖縄の芸術家のアイディアや創作の源泉ひとつとなるのが沖縄の自然環境。

その大自然の色彩や光の生み出す美しさをアートギャラリーとして最先端のVR空間上に再現。

 

沖縄県やんばるの森にある滝をVRアートギャラリーとし、周辺を散策しながら

アート鑑賞を楽しんで頂けます。

 

支援 沖縄県、公益財団法人沖縄県文化振興会
令和3年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業
「沖縄VRアートギャラリー」


実際に沖縄を訪れることができなくても、オンラインで作品展示を体験することができる『沖縄VRアートギャラリー』です。
『やんばるの森』大自然の中でオンラインならではの作品解説等、いつでもどこでも

アート鑑賞を時間と距離を超えてお楽しみください。

自然の中に設置されている『額』の前に立つと、赤と緑のボタンが表示されます。
それぞれのボタンを押すと何もない額の中から作品が飛び出してきます。
南の楽園沖縄のやんばるの森を散策しながら、真っ白なキャンパスにどんな作品があるのか想像を広げることのできるVRの世界での展示をお楽しみください。

 

沖縄VRアートギャラリー楽しみ方

◆赤ボタン
クリックすると作品画像が表示されます。

◆緑ボタン
作家名・作品説明など詳細情報が表示されます。

◆ドールハウス機能 (画面左下のアイコン)
ドールハウスで空間を立体的に見て、クリックひとつで行きたい場所に瞬時に移動できます。続きを見たい時などに使える便利な機能です。

◆VR酔いの予防
長く使用することで脳の感覚のずれも長く感じることになります。
その分酔いやすくなる危険性があるので、長時間の使用は避けるべきでしょう。
また、短時間でも体調の悪い時や気分が悪くなった時はすぐに使用を中止しましょう。

◆YouTubeなどで『森の音』を流しながら、VRアートギャラリー鑑賞を楽しむのもオススメです。
 

『琉球の紅型展』
~作り手が未来へつなぐ紅型の美~

鮮やかな色彩や繊細な文様の紅型を生み出す作家の技や思いを伝えます。
時代が移り人の暮らしが多様化する今。未来へ残すために作り手・作家は、伝統技法を

守り個性あふれるデザインを生み出しています。

現代から次世代へと受け継がれていく中、どのような想いから創作活動を行い、

どのような作品が生まれ、何を届けるのか?
​作品のひとつひとつに想いを馳せ、その世界を感じてくだされば幸いです。

スクリーンショット 2021-08-24 12.06_edited.jpg

アーティスト紹介

それぞれの持つ才能や表現技法

その作品を​ご紹介します

白色の背景
242175208_381677386904834_7565905600131207953_n.jpg

琉球紅型師

金城 昌太郎

15歳の時に
「紅型師になる!」と決意した時から「変わらない想い」と
「確かな技術」を若い世代へ伝承し
後世に残していくことを願い
今日も創作活動に勤しんでおります。

支援 沖縄県、公益財団法人沖縄県文化振興会
令和3年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業
「沖縄VRアートギャラリー」

コロナにより沖縄だけでなく世界的にアーティストから作品の発表の場・

人との出会いが奪われている。これまでも沖縄は、首都圏と比較すると圧倒的に集客数が

低かったが、さらにコロナ危機で人々の動きが抑制されている。

この危機をチャンスに変えるため、実際に沖縄を訪れることができなくても、オンラインでギャラリーにいるような感覚で展示を体験することができるよう、楽しみ方は大きく広がりをみせる可能性がある『VR アートギャラリー』を立ち上げ、世界中の人々に沖縄ならではの美術作品を発信したい。オンラインならではの作品解説等、いつでもどこでも

アート鑑賞を時間と距離を超えて楽しんでもらえたらと思います。

DSC_0142-small.jpeg

沖縄VRアートギャラリー想い

『VR アートギャラリー』によって来客者が国内外へと広がり無限の可能性を秘めた新しいつながりを持てるようになりました。あらゆるものが急速に変化していく中で、今後は平時からオンラインを併用することで、これまでなかった新しい集客機会を期待でき、VRを使ってアートを屋外の自然や街全体に広げることも可能になります。野外アート展や街中でのアート展のようにいつでもどこでも鑑賞可能であることは、今の時代に求められている変革で恒久的になる可能性が高いものになり、人と作品の出会いを広げていけると考えます。「いつかは沖縄に行って実物をみたい」という気持ちを抱かせることができればと思っています。

​このギャラリーに訪れた全ての方々の心が、生活がアートを通してより豊かなものになる事こそ私の願いです。

掲載情報

アートがより楽しくなるアート情報を発信しています。